極真手塚グループ 指導理念 序

塚暢会長が主唱した基本的理念は、「家族」「対話」「自然」です。

そのためには、互いに尊敬と感謝、そして忍耐の心を育む姿勢です。

手塚会長の言

  • 「先ず感謝、対話、反省。」
  • 正しい活動の方向性を常に見極め、協力で発展。
  • 空手は正しい判断力を身につけるための精神集中。
  • 正しい行動をとる自信を高めるためのものである。
  • 常に自覚する心を育てる努力を全員で続ける。
  • 「焦らず、飽きず、諦めず。」

この姿勢に従って、指導者はしっかり指導するのです。

 

これから、多くの青少年を社会に排出するのが指導者の役割です。

この方針に従って、指導者は武道教育を進めるのです。

手塚会長が目指す極真空手の神髄を知って教育しましょう。

そして、地域社会との調和を図り、極真精神の浸透を心掛けましょう。

 

武道である空手道は、オリンピック種目で、世間の認知度も上がりました。

まぎれもなく、日本を発信源とする精神文化に成長しているのです。

それ故に、正しく空手道が世に評価されるように、真心を込めて対応するのです。

それが、これから表記する内容になるのです。

 

手塚グループの責任

 確かに、極真会館は分裂しました。

この状況で、指導者としてどのようにすべきかを、会長は立案していたのです。

大山総裁が打ち立てた最強の空手の伝統を、人を育てるという観点で運営してきたのです。

つまり、精神教育の役割を重視したのです。

会長は強さも大切にしていました。

しかし、それ以上に人格教育を根付かせようと指導してきたのです。

 

 特に、地域社会に対する貢献を主張するのです。地域の「お祭り」には積極的に参加していました。

一時的なブームではなく、地域と共生するという姿勢を実践したのです。

そして、空手道を通じて青少年教育を積極的に推し進めてきたのです。

分裂した極真空手を否定するのではないのです。

会長は、極真空手を守ると同時に社会貢献しようとされたのです。

そして、必ず各グループが戻ってくるといつも話していました。

そのための理念を構築して、話してくださったのでした。

 

 

「家族」「対話」「自然」

 会長の理念は、世界に通用したのです。

宗教、人種、国境も超越したのです。

というのも、人類共通の理想として、「家族」「対話」「自然」が要だったのです。

結果的に、理念を極真空手に取り入れたのです。

それを世界中の道場が実践し、訓練しているのです。

 

そして、この小さな動きが地域社会に貢献しているのです。

空手道場として、社会とかけ離れてはいないのです。

青少年を社会貢献できる人材と教育してきたのです。

それが、世界中で行われているのです。

 

 さて、会長の残して下さった教育力と理念を、これから展開しようとするのは言うまでもないことです。

この教育力を完結するために、これからの手塚グループは責任を担うのです。

「家族」「対話」「自然」という理念を持った精神的立場で、教育するのです。

この理念は、正しい伝統になるのです。これからの青年達の教育力として実践されるのです。

 

私たちは、会長の提示した理念を、道場で正しい伝統として重要視するのです。

具体的には、道場が「家族」であるがゆえに、どのように教育しなければならないかという思考が指導者として働くのです。

それで、このグループ運営はなされるのであります。

盤石な教育をするために、道場は存在しているのです。

 

各道場は、これからも改善の余地があるのです。

試行錯誤が続くのです。

そのために、明確なビジョン、目標、教育戦略が必要になるのです。

現状維持が精いっぱいであるとするならば、社会に対する貢献は薄れてしまいます。

現実の運営に満足することなく、指導者の動機と姿勢を正すという事を徹底するのです。

 

期間的・段階的指導の徹底

 

 ところで、どのように教育をするかというならば、一段階からステップアップして、段階的に成長させるように心がけるのです。

決して、特別扱いはしないのです。

人格の目標を考慮して、ある一定の期間の中で、確実に各段階迄の教育目標を全うできる体制を、道場として提示するのです。

 

道場生の教育を目標とする道場ですから、青少年の成長を重視します。

試合の勝ち負けは、過渡的な現象ですから、結果に捕らわれることなく前進するのです。

道場生の成長は長期戦です。

日々道場生を成長させるために、川の流れのようにするのです。

つまり、上流の小川から下流の広い川を目指させるのです。最後は、大海原を流れる黒潮のように、充実した人生を目指すわけです。

それだけに、指導者はチェックポイントをしっかり見極め、逃すことなく対応するのです。

間違っても、淀んで、ボウフラが沸く泥水にはしないようにするのです。

その結果、技術的にも人格的にも成長させるのです。堤防が決壊して、横道に迷い込む道場生を少なくするのです。高い理念の指導であるがゆえに、しっかり道場生は成長するはずです。

指導者は、自信をもって道場生の成長を引き出すのです。

 

会長に指導された道場生は、様々な分野で社会に貢献しています。間違いなく、道場生が目指す、目標を叶える精神力は身に付くのです。

また、指導に当たる先生には、間違った生き方をしている人はいないのです。

会長とともに、二十数年戦ってきました。

優秀な人材が育ったのです。

間違いのない指導理念であるがゆえに、自信をもって人材教育の開拓に乗り出しましょう。

そして、絶えず理念を確認して自らの姿勢を正しましょう。