1. 本部・支部紹介

  2. 手塚グループ総本部

  3. 日本の本部・支部

  4. 世界の本部・支部

 

私はこのグループに誇りと愛情を持っています。
大山総裁没後の状況の中で私を含む5人の支部長がご遺族とともに遺言書についての裁判を行いました。
そしていつの間にかその集まりのまとめ役を務めていました。
1997年11月に千葉で行われた大会に出席したハンガリーの支部長の名刺に初めて手塚グループの名称がつかわれていました。
私はその時はまだその名称で活動していませんでした。
その後多くの変化の中で海外関係者から手塚グループでの活動が求められました。
今、我々は手塚グループの名のもとに活動を発展させています。
このグループは一つの家族的な絆で結ばれています。
私は社会を構成している一番小さな社会は家庭・家族だと考えています。
従って、このグループは家庭。家族を大切に考える人々の集団でありたいと思うのです。
私は多くの国々を訪問します。
そこに、多くの家庭・家族を見ます。
勿論、海外の人々の考えは日本とは異なります。
何故ならば、システムが違うからです。
多くの人々は何回か結婚します。離婚も結婚も珍しいことでは有りません。
しかし、そのような状況の中で子供たちは幸せなのでしょうか?
日本でも別姓の議論が始まっています。
しかし、まだ結婚して一つの戸籍で生活が保たれています。
ある国では子供が出来ても結婚しないケースが多く見られます。
私はそれでも日本人的な発想でみんなと接しまう。
2番目の子供を授かって結婚する人も実際に出ています。
私はシステムが違っても親が自分の子供を慈しみ育てることの大切さを伝えたいです。
家庭の中にある大切な教育であり、子供に対する躾はそこ以外にないとさえ考えています。
しかし、多くの問題の結果で離婚もあり得ることも認めています。
子供たちが幸せであることのための選択が決定の重要な点ではないでしょうか?
社会が荒れます。
家庭生活の乱れはその中の一つの原因でだと思います。
どうぞ、自分の一番近くにいる家族を愛してください。
貴方を最後まで見ているのは家族であることに感謝して。
これが我々の活動の理念です。
家族は常に対話しそして信頼し理解と尊敬で結ばれるべき存在でありたいと希望しています。

国際空手道連盟総本部 極真会館の使命
私たちグループは大山倍達総裁を創始者として設立された国際空手道連盟・極真会館を、その本質を正しく理解できる組織として、その活動を継続し継承します。そのためには、グループを構成するひとりひとりの言動が道場においてのみならず、家庭や社会、自然環境に対しても責任が生じることを認識しなければなりません。
空手道である以上、身体的強さや技を極めることは当然のことであります。しかし、特に指導者においては「師範」と呼ばれるにふさわしい人格と姿勢が絶対条件です。特に青少年の範とならなければならない責任があるとすれば、空手などでいくら競技実績を残したとしても、家庭を壊したり、社会的秩序を守れなかったり、酒や異性に節操がないようでは失格です。
私たちグループは、良き指導者の育成にこそ心血を注ぎ、人生や社会にいかせる空手道としての極真空手を実現します。特に、次の時代を継承する青少年の育成に大きな使命と責任があると感じています。極真空手の稽古を通じて人間としての強さと深みを、また海外支部との国際交流を通じて幅広く大きな人間を育成します。
特に青少年の教育に責任を負うべき極真会館が、その使命をかえりみず、自らの闘争と分裂を重ねている状況にうれいております。さらには、空手母国日本の分裂を震源地として、アジア、欧州、北米、南米、アフリカなども分裂する結果となってしまいました。また、空手界そのものも国民運動としての展開をすることができるかというとなかなか難しい状況です。オリンピック種目になることの善し悪しは別として、オリンピック種目として選出されないことも、このことが大きな原因です。また、地域社会の活動に対しても、余りにも消極的な空手界になっています。
私たちグループは、他の極真グループを否定するのではなく守っていくと同時に、空手を守護し、一致協力して青少年を現代社会の道徳倫理崩壊の中から防備しなければならない責任を持っていると考えています.。これからの極真会館は、今まで築きあげてきた精神的伝統と武術としての技を継承しなければなりません。そのためには日本と世界で強力な教育力・指導力を展開する必要があります。いかなる良きものも後へ続く者へと継承して初めてその目的を完遂します。
緩慢な道場運営ですと、現状維持が精一杯で、社会に一石を投ずる人格者を育成する使命が薄れてしまいます。特に、指導的立場にある者ほど現実の生活に追われるあまり、空手指導の動機、姿勢があいまいになってはいけません。目の前にいるひとりの子供に対して全身全霊を傾けられる指導者を輩出したいと志しています。

手塚グループのあり方
所属するひとりひとりがこの組織を愛し誇り、信頼と尊敬を基に家族的な活動が出来るように運営を行う。
組織は全体が発展することにその運営の基礎がある。従って、特定の者の為の活動は行わない。
志を別にする組織を排することなく理念に基づく活動を国内・海外に展開する努力を行う。
空手を中心に社会に役立つ存在として可能性を見つけていくことを重視したい。
子供たちにその存在の大切さを認識させることが、現在社会に起きる多くの問題解決に繋がることを説明できる組織の確立をはかる。
全員が常に学ぶ気持ちを持ち続ける組織であり、所属する師範・先生がその範を示せる資質を育成する努力を怠らないよう日々研鑽を心がける。
常に活動全体を誇りに思えるように執行部は指導できる体制を作り維持する。誇りがいつかはおごりにならないように自戒したいと考える。
各自が自立する存在であることは内部干渉を行う人材は作らない。
組織として指導は行うべきでありますが、それはひとつひとつの道場発展のためにあることが前提でなければなりません。信頼と尊敬は新たな争いを生みませんので、組織間における相互信頼は絶対に必要なものであります。しかし、残念ながら互いの不信感や嫉妬、優越的競争心などが原因で分裂や争いになることがしばしば起こります。このことは各自がよく認識し、対話を絶やさず、この組織では絶対に起こさないことを活動の原点とします。
私の空手の活動の目的・目標について
それは人間の生き方そのものに空手がどのような存在であるべきかを言及する。
私は空手の活動をさらに大きな範囲に拡大したいと考えている。
私が考えている空手は人間が生きていく原動力になるものだ。
私たちが求めるグループは自然とともに生き、国・文化・思想・宗教・言語その他に関係なく空手道を通じて互いを認め合い、尊重しあいそして許しあえる人々の集まりにしたいと思います。
これが私が常に言って居るわれわれのグループがFamilyなのだという基本的な考えなのです。
そして人が集まったとき一番大切なことは語り合うこと(対話)だと思います。
対話が無くなった時、正しい意思の疎通は無くなり誤解と時には新たな争いが始まることがあります。
私はこれらのことを原点にわれわれの組織の理念を立ち上げ、我々が進展していく空手道の優位性を表現したいと思っています。
私が考えているホームページは自然の美しさ、厳しさ、自然の中で人がその恩恵をいかに受けそして自然環境を維持していくために人は何をすべきかを考えることからはじめたいと思います。
■自然と人間
1) 人はどのように自然とかかわっているのか
2) 自然の恵みは人の生活にどのような恩恵を与えてくれているのか
3) 人がいかに自然を破壊してしまったのか
4) 破壊してしまったことで人が今後どのような災害を受けるのか
5) 人は自ら破壊した自然をどのようにして復元していくのか
6) 自然と空手の関係は
7) その他
人はどのように生きていくべきなのか、正しい生き方を常に考えるために空手道を通じて自らの肉体と精神を鍛え上げていくのか。
自然そしてその大切さを考える生き方が出来る人材を育て上げるために我々の空手集団がどのような方向性で活動を展開していくのかが理念であり発展の基礎になる。
われわれはすべてが大切なFamilyである。
皆でわれわれの進むべき方向を模索して行こう。
この呼びかけを世界中に呼びかけることが大切で、そのためのホーム頁の立ち上げが必要だと思う。

■家族であるとの考え方について
1) 家族でも考え方に相違がある
2) 気が合う人ばかりではない
3) 家族の一員としての自覚を持とう
4) 相手の考えを打ち消すのではなく聞く気持ちを持とう
5) 互いに理解しあうことがすべての始まりである
6) 間違いを指摘し語り合うことは必要であるが許しあうことを学ぼう
7) 家族の原点は対話と感謝そして理解と許し
極真の理念は空手道を通じて皆で向上すること。社会に貢献できる精神と肉体の鍛錬と向上こそ我々が求めるものだと思う。
我々は極真空手道を通じて皆で高い理想と大きな夢の実現を求めそして会員に希望を持ってもらえる組織化を実現するために日々活動していくことを全員で考えるグループにしたい。この問題を多くの人々が集まり真剣に議論していく中で自然にホームページが出来上がることが一番望ましいのではないだろうか。
手塚グループのあり方
道場で教えること。
1)人は生まれたとき大切な役割をそれぞれが持っている。
2)今、自分が周囲の人に役立てることを考えること、気がついたことを出来るだけ自然にやること。
3)この世の中に必要の無い人間は存在しないこと。
4)一人だけの人は居ないこと、必ず自分の周りには気に掛けていてくれる誰かが居ること。
5)どのような人にもその人が居る理由があること。
6)人の悪いところを探さないこと、良いところを探すことで自分に多くのことが与えられること。
朝、目覚めたときに考えること
1) 目が覚めたときに元気に目覚められたことに感謝すること
たとえ体調が良くなくても無事に目覚めたことには感謝しなくてはいけない
2) 今日すべきことを考えること。
勿論、あらかじめ計画していることがあると思うが
1日の始まり
1)きちんとした家族に対する挨拶
3) 正しい食事
4) 気持ちを正す身づくろい
5) 今日も頑張るぞという気持ち
6) 自分の身の回りに気配りをする
7) 一日を有意義に過ごすこと
8) 今日の中で何かを必ず自分にとってプラスにすること
9) 空手の稽古に参加し、その時間内は空手のみに集中すること
10) 食事は常に正しく取るようにする
11) 1日の反省と無事だったことに対し感謝
12) 疲れをとる睡眠
13) その他
人はいかに自分の行動に責任を持つか、先ず自分の生活をしっかり管理できるようにすることが肝要であることを、生徒達に語りかけてほしい。
計画を立てること、実行と計画の差をきちんと把握すること、予実管理が出来るようになれば自己管理が可能になり、有意義な日々が送れることを教えてほしい。
空手道場には多くの遣るべき事があり、それを引き出し実行できれば道場としての活動は無限に膨らんでいくことを皆で考えられればその道場は確実に発展するだろう。
近頃考えること。
もお、69歳を迎えてしまった。
昨年1月13日に起こった脳内出血は私し自身の心に多くの影響を与えた。
人間はいずれ死ぬ、これはどうすることも出来ない現実。
私は新しい道場の契約を今月16日に締結した。
また、3年の契約。
3年間は元気に生きなければならないと言う自分自身への責任を課すことになる。
思えば、空手を生きる目的に選んだことの意義をふと考える時、その不思議さに戸惑う。
空手はあくまでも自分自身の生き方への媒体。
人は何故生きてゆくのかを考える。
私という存在の少し先にやってくる命の終わる時までの目標は結果的にその時にわかるもの・・・
多くの人との出会いは楽しくそして辛いもの・・・
明るく生きることの大切さと、生きた証拠が残されてゆく。
多くの人との出会いは素晴らしく、そのことで生まれる問題は与えられる自分への課題。
自分らしく生きてゆくことのヒントを与えてくれている。
人は出会いそして別れてゆく。
良い思いも、つらい思いも、そして後悔もそして喜びも。
多くの事柄を私に与えて時間は経過してゆくのだろう。
私はすべてに感謝している。
一つ一つの経過が私自身を形作り、そして私を通して他の人々に語りかけるものを残していくのだから。
あと何年生かされるかは神のみぞ知ることだろう。
精一杯生きることが私に与えらえる仕事。
十分すぎるぐらい生き、十分すぎるぐらい多くの人と出会いたい。
これが今の私の希望。
頑張り過ぎずに、頑張ろう

役 職 極真会館総本部 手塚グループ名誉会長
氏 名 故手塚 暢 九段
プロファイル 極真空手の創始者、故大山倍達総裁の意思を継承し空手道を通じて青少年の正しい育成と、国際交流に積極的に貢献。世界約40ヶ国以上に支部を持ち、家族的グループを推進を精力的に展開する。
error: Content is protected !!