HOME > 稽古教育方針

  • 極真空手は、空手としての身体的訓練や技の鍛錬を怠ることなく、且つまた常に探求をやめることなく、実践空手として日々鍛錬を行っています。
  • また、身体的訓練以上に道場はもとより家庭や社会生活の中で心の修行を実践します。
  • 若者が「強さ」を求めるのは当然のこととして、その「強さ」を越え、その向こう側に到達できるよう指導しています。

家族愛に満ちた豊かな人間性を培い、確かな空手の技術を身につけ、
自律的に生き、信頼関係を構築できる力を備えた道場生の育成をします。

  • 家族の愛情を大切にし、思いやりにあふれる道場生育成
  • 夢や希望の実現に向かって、絶えず対話を欠かさない道場生育成
  • 節度と規律ある生活を送り、自然を愛する道場生育成
  • 家族との良き連帯をはかり、家庭・道場一体となった教育指導
  • 確かな空手の技術力の育成を目指した昇級指導
  • 護身やいじめ対策など社会生活に生かされる実践空手の指導
  • 道場生が明るく、生き生きと稽古ができることを目指した安全で潤いのある道場環境
  • 地域に根ざし地域社会に貢献できる道場

国際交流を通じて、幅広い価値観や視野を持たせる。

  • 極真空手には多くの海外支部道場があり、特に青少年の国際交流を推進しています。より年少時から、様々な国や民族、価値観に触れることにより、語学の必要性を認識させ、視野の広い大きな認識を持った青少年が育つことを意図しています。
  • 観光とは違い、同じ極真空手を学ぶ者同士の交流は、より深いものになりますし、また語学留学やホームステイとは違い、短期間でより多くの国際交流を持つことができます。

厳しい稽古とより深くわかりやすい言葉による指導

  • 空手を含む武道教育でよく誤解されやすいのが、ある一定の限界を超えて厳しい稽古をすることで、おのずと精神力が高まるという考え方です。
  • 厳しい稽古や形式上の礼儀作法を教えても、それだけで精神的な成長は望めません。むしろ中途半端な指導では、身体的に強さのみをめざし大会などで勝つことが目的となってしまい、かえって心を損なう可能性があります。
  • 優勝できたのは精神的に向上できたからという人も見受けますが、それは栄誉などを得るための執念が強くなっただけかもしれません。

  • よく負けた生徒に対して「この悔しさを忘れるな。次は必ず勝て」と指導している先生を見かけますが、「悔しさ」という感情は、教えなくても一般的には誰もがもっている感情であり、「悔しさ」は基本的に「相手をたたきのめす」「相手をやっつける」など、破壊へ向かいやすい、むしろ幼い心であります。
  • 本来はその「悔しさ」を越えて「素直に相手をたたえる」などの創造的な心を指導すべきでしょう。
  • もし「悔しさ」を指導するならば、負けた事では無く、例えば「礼節を守れなかった」「冷静さを保てなかった」など自己の未熟に対するものでなければなりません。
  • 指導者自身の生きざまやそれに伴う、より深くわかりやすい言葉が道場生の精神的成長には欠かせません。「この先生のように自分も生きたい。」とあこがれる事もその第一歩です。
  • また、空手の実践の場が大会とすれば、心は家庭や社会の場で実践してこその成長ですから、その点にも留意した指導をしています。

社会生活に通じる実践空手

  • 空手の稽古を通じて、どれだけ自分の技や力がついたのかを試すところが大会です。
  • また、それ以上に、礼節や相手を思いやる心が成長できたかも、ぎりぎりの勝敗を決する中で確認できるでしょう。
  • 勝利が目的ではいけませんが、勝利に対して努力しない事も問題です。
  • 日頃、勝利に対して惜しまない努力を重ね、全身全霊をもって戦い、その結果としての勝敗にはとらわれない事が寛容です。努力しなければ、結果にはもともと、とらわれません。努力してこそ結果へのこだわりがあり、そのこだわりを捨ててこそ修行といえます。
  • したがって極真空手は、大会を重視しますし、勝つための努力を徹底しますし、勝者に対する評価もします。
  • 勝敗そのものを否定してしまえば、それはゲームのような仮想空間になってしまい、社会には全く通用しないものとなってしまいます。
  • それは、その次にくる本当の戦い、勝つことによる優越感、負けた事や補欠だった事による劣等感などの自己との戦いに必要だからです。勝者と敗者、選抜選手と補欠選手、ケガなどの諸事情、誤審に感じる判定、周囲の声などと、どう関わって価値を創出できるのか。
  • 結果自体が大切なのではなく、結果の後の姿勢にこそ価値があります。
  • それが本当の試合であり、実際の社会生活に通じる空手となります。

「強さ」を極める武道としての空手

  • 故大山総裁が追求したものが「地上最強の空手」である以上、その強さを極めなければ空手とはいえません。
  • 良いものは良いとして、他流派でも異種競技でも取り入れるべきは取り入れて発展することが極真の精神です。
  • それを実践されたのが大山総裁ご自身でしたし、また多くの弟子の方々が「最強」を求めて様々な流派を立ち上げた事も極真の精神といえます。
  • 道場や大会でいくら強くとも、社会生活の中では不意に襲われたり、集団に囲まれたり、狭いところで押し込められたり無数のシチュエーションが存在します。その中で対処できなければ「最強」といっても絵に描いた餅となってしまいます。
  • また、それ以上に、なぜ強くならなければならないかといえばそれは義を守るためであり、道理を通すためです。また家族を守るためであり、弱い立場の人や自然を助けるためです。
  • 父兄の方から、自分の子供がいじめに合わないように注意していたら、いじめの加害者になってしまったということは良く聞きます。それは義を守る心の強さと誘いを排除できる身体的強さが乏しいからです。
  • そのため、極真空手は、あくまでも最強の空手として「強さ」を追求し続けます。


教育の考え方

自分の価値をしり、生かす道を知る -不動心の境地と自然体の極み

  • 学問や修練を通じて、自分がいかなる人間になるかを自分自身で決定し、それに基づく志を立てることがすべての出発であり、その正しい道に導く事が教育の原点です。
  • そして、肉体もさることながら、自分自身の魂を大切にできる人間になることが、成長の第一歩です。
  • 黙想や学問など、正しく自分の魂を、自分自身で見つめる時間が重要です。 ※拳禅一如の「禅」にあたる
  • 肉体は大きくなっても、魂が成長しなければ喜びはありません。
  • きれやすく感情的であったり、他者よりも自分を当然のように平気で優先できる人は、肉体的には何歳になろうとも魂は全く成長していない子供のままです。
  • 自己中心的に生きる人は、一見、自分自身を大切にしているようですが、実際は自分のことはどうでもいいと思っている場合が多いようです。
  • 自分自身を大切にしているのではなくて、自分の立場や所有物に固執しているにすぎないことを知らないからです。
  • 自分を大切にしている心豊かな人は、相手を傷つけたり、いじめたり、奪ったりはしません。その行為は結局、自分自身を傷つけると感じるからです。
  • しかし、心貧しき人は自分自身をかえりみないため、自分の立場や所有物を失うことは恐れますが、自分自身が傷ついていることは感知できません。
  • そのため、自己中心的に生きることが苦痛と感じられず道を誤ってしまいます。
  • 自分を生かす道の第一歩は、自分の魂を見つめ人としての道理を探り、正義や道理にかなった事を喜びと感じ、悪や過ちを不快に思える心を育てる事です。
  • ●教育者として
  • 礼儀作法などの形も必要なのは当然ですが、それ以上にこの内面を育てることが重要です。
  • 可能であれば青少年期ひいては幼年期にできるだけ早く育てられれば良いと思います。
  • そのためには、躾をかす以上に深い愛情を、叱る以上に広い理解を、関心を持ちつつも干渉はせず、今現在のその子を正すのではなく、10年後20年後の将来を良くする地道な努力が教育者(親や先生など)には必要です。
  • 教育者は、100回でわから無ければ101回目も丁寧に教え、たった1つの言葉を伝えるために1年を要してもかまわないと覚悟できる器量が必要です。
  • 怒鳴ったり、手を挙げたり、いくら強要しても、その言葉は記憶に残っても心には残リません。
  • 教育者には、恐怖が必要なのではなく威厳が必要なのであり、甘やかすのではなく甘えさせる愛情が必要です。
  • ご父兄の方で、挨拶が良くできるようなった、靴をそろえ服をたためるようになったなど、即効性のある結果に期待される方がいらっしゃいます。
  • 確かに礼儀作法は重要ですので一理あります。
  • しかし、形を優先してしまうことでマイナスになることも、しばしばあります。厳しい先生やコーチの前で礼儀正しくしている子供が、みられていない裏でいじめなどを行っていることもあります。いじめの加害者の親が、うちの子に限ってというのは、親の愛情からくる欲目もあるでしょうが、厳しい親の前ではいい子であるケースが多いのです。
  • ですから注目していただきたいのは、良いことを喜びとして悪いことを痛みとして感じる心が育っているか、否かです。
  • 極真空手はその事にも留意し、礼儀作法はもちろんの事、その魂の育成にこそ力を注ぎたいと考えています。故に、ご父兄と道場との連携が必要になるのです。
  • 黙想や学問など、自分自身を見つめる時間を大切にしている。
  • 人としての道理を常に考察する。
  • 自分は、どのような人間になるのか(職業ではなく)自分自身で決定できる意志を持つ。(志を持つ)
  • 義や善を喜びと感じ、道理から外れたことに痛みや不快感を感じる。
  • 自分を含め、すべての存在には価値があり、不要なものはないことを知る。
  • 得意・不得意の両方をふくめ、自分を生かす道を探る。
  • 自分自身の生い立ちや生まれなどの運命を受け入れる。(運命に責任を押しつけて逃げない)
  • 外界にとらわれて心を動かさない不動心をもつ。
  • あらゆる調和による自然体を極める。
  • 空手道の目指す、不動心の境地と自然体の極みが、自分を生かす最良の道です。

追記:昨今の青少年教育で感じますが、子供が悪事を行った場合、見つかってしまった事は後悔しても、悪いことをしたと感じられない子が多いことは恐ろしいことです。
また、なぜ問題なのかを教えても言葉の意味をあまりにも知らないことに驚きます。
家族の対話が薄れて来ているせいか、また会話があっても本質的な会話もなされているかをとわなければなりません。

円満な人間関係と家族の大切さ

  • 人が最も悩みやすいのが人間関係であり、円満な人間関係はどのようにすれば達成できるのかは、多くの人が求める事です。
  • 一見複雑な人間関係も、その基本はすべて家庭にあることを知らなければなりません。
  • 家庭は、夫婦関係を中心として、その上に親子、兄弟、祖父母と孫などの関係で成り立っています。
  • そして、この関係にこそ、すべての人間関係の基本があり、家庭こそが円満な人間関係を学ぶ重要なベースとなります。
  • 子供が、円満さを家庭の中にみることができなければ、社会や自然の中に円満さをみることができませんし、根本的に人を信じることは難しくなってしまいます。
  • 親の責任は、家庭を通して子供に「円満さ」が存在することを見せることです。その軸は夫婦関係であることはいうまでもありません。
  • 一例をあげてみましょう。
  • 努力した人が、自分からみて努力していない人(本当は努力を計る物差しはない)を批判するケースを例にとりましょう。
  • どちらが苦労したのか、この儲けはどちらのおかげなのかと争いになることがしばしばあります。
  • しかし、そこに愛情があれば、相手以上に努力したり苦労する事は喜びになります。
  • 愛情の前に争いはありません。
  • したがって夫婦が愛し合っていれば、そこに努力や苦労の比較はありません。
  • 例えば「このお金は、私が稼いだ」と主張する行為は愛情が欠如しています。
  • たとえ夫が金銭を得るために働き、妻が専業主婦であったとしても、それは担当が違うだけで、その金銭は2人で稼いだものです。
  • 努力や苦労は、愛する相手のためなのか、それとも自己主張するための道具なのか、まさにこの夫婦の姿が子供にとっての潜在的価値観になります。
  • この潜在した価値観は、10才前後(4・5年生くらい)から徐々に表面化してきます。
  • 自分の両親が互いに愛し合っていれば、子供は円満さを見出すでしょうし、成長して社会に出ても円満さを追求するようになるでしょう。
  • もし、両親が比較していがみあっていれば、子供が成長して社会にでても「競争」は追い落とすいがみ合いとして、「グループ」は利益を追求するために利用するものにしか見えません。
  • 人の見えない人生観は、結婚観となって現れます。
  • 夫婦を含むすべての人間関係を結びつけるものは「愛」です。
  • 「愛」という言葉が日常当たり前のように使われていますが、その意味について深く言及する人は少ないようです。
  • 言葉で誤解しやすいのは、「愛」など同じ日本語を使用している場合、皆同じ意味で使用していると思ってしまうことです。
  • しかし、言葉の辞書は人それぞれであり、その言葉がより本質的、「愛」「信頼」「友情」「思いやり」などである場合、その差異は大きくなります。
  • 「愛」という言葉は、人格的に成長するほどに、その意味は純粋で明確なものなりますが、反対に安易に生きるほどに、その意味は無造作に拡大され「愛」という言葉が乱立するようになります。単純にいえば、何でも気軽に愛しているといい、「・・愛」という造語が簡単に作られ、「不倫」すら真剣に「愛」していると主張します。
  • 少なくとも修行するものとしては、「愛」と「好き」の違い程度は明確にしなければなりません。
  • 安易に生きていれば「愛」と「好き」の違いはなく、その区別もないままに、また多くは「好き」を「愛」という言葉に代えて男女交際が始まり結婚に至ります。
  • その結果まっているのは、「こんなはずではなかった。」「何でこうなってしまったの」という自分自身の心の声です。
  • 「愛」の定義が自分の中で定まらぬままに結婚したことに大きな要因があります。
  • 「愛」の定義が定まらぬままに結婚した夫婦が親となっても、子供を愛する「愛」も定まっていないことに気づかなければまりません。
  • 夫婦喧嘩、不倫、子供の虐待など、家庭崩壊は人間にとって最も忌むべきことです。
  • その問題は、ただただ「愛」の欠如にあることを学ぶ必要があります。
  • 愛していれば「喧嘩」や「虐待」は絶対におきません。
  • 「愛しているのだけれど、つい暴力をふるってしまった」などはありえません。
  • 本人が勝手に愛しているといっているだけで、それを「愛」とは呼べず、「愛」とは真反対の「嫉妬」を「愛」と自分勝手にいっているだけです。
  • 人格形成に対して真剣に修行しなければ、自分自身を日ごろ見つめることはしませんから、どれほど大きく「愛」の意味が崩れていても気づきません。
  • 極端な例ですが、ストーカーもその相手を真剣に「愛」していると信じ込んでいます。
  • 人は単独の存在ではなく、家族という単位でいきていく存在です。
  • 特に子供のとって最も必要なのは家族であることはいうまでもありません。
  • ゆえに青少年の成長のために、道場と家族が良き連携をしなければなりません。
  • 当道場の指導者も、当然のことながら如何に空手がうまくても、家庭形成のできない者は失格です。
  • また、本来の家庭像を見本として、道場生をはじめ、グループ全員が家族であると考えたいと思っています。
  • 「愛」の本質的意味について修行の中で常に考える。
  • 「愛」と「好き」の違いについて学ぶ。
  • 家族でも考え方には必ず相違がある。
  • 同じ人でも立場が違えば考えや気持ちが変わることを知る。
  • 結婚とは何かを真剣に考える。
  • 子供を生み育てることを真剣に考える。
  • 一人で生きているのではなく家族の一員としての自覚を持つ。
  • 相手の考えを打ち消すのではなく、聞く気持ちを持つことが大切であり、互いに理解しあうことがすべての始まりであることを知る必要があります。
  • 互いに間違いを指摘し語り合うことは必要ですが、許しあうことはさらに必要であることを学ばなければなりません。
  • 家族の原点は対話と感謝そして理解と許しです。

自然の中の人間をみつめ、そのかかわりを探る

  • 人はどのように自然と関わるべきなのか。
  • また、人間と自然の関係は一体何であるのかを探求しなければなりません。
  • 自然に対して暴君のように振る舞う権限が、はたして人間にあるというのでしょうか?
  • 正しい生き方を常に考えることは、すなわち自然の大切さを考える生き方に通じなければならなりません。
  • すべての存在には、必ずその存在目的があります。人間の勝手な思惑とは別に、そこには揺るがすことのできない、ある方向性をもった目的や意味が潜在しているのです。
  • そして、その存在が広大な調和を実現しています。
  • 人間関係も同様ですが、この相手の存在目的に対してどのように対するかが、人格や修行の有無で差の生じるところでしょう?
  • 修行を怠り、何らかの悟りを得ていない人にはどうみえるでしょうか?
  • まず、あらゆる存在にそれぞれの目的が内包していることも、絶妙の関係性を保ち調和をなしていることもみることはできないでしょう。
  • その目にうつるものは、どのように自分が利用するかという、存在そのものの目的ではなく、自分勝手に意味づけた利用目的のみです。さらには、調和や共存共栄ではなく、弱肉強食、優勝劣敗が目にうつります。
  • たしかに、小さな範囲でみれば自然界には弱肉強食的な要素がありますが、広い視野で見れば、それも調和の一要素に過ぎません。
  • 勝手に自然界を弱肉強食と決め付け、人間の弱肉強食を正当化することは愚かしいことです。
  • また、もの言わぬ自然であるがゆえに、その人自身の心が投影されている事実にも気づくべきでしょう。
  • 真剣に人格的な向上をはかり、悟りを得ている人にはどうみえるでしょうか?
  • 自分が自然を、一方的に利用する私心は捨てなければなりません。
  • 人間を含む自然などの存在は、私が造りだしたものではなく、私が認識する前から存在しています。
  • その存在をどう利用するかではなく、その存在そのものの、すでに内包している目的を探り生かすことでなければなりません。
  • むしろ人間を例にとればわかりやすいと思います。
  • 誰かの思惑で、自分という存在が利用されることを望む人はいません。
  • 誰にも個性や立場、何らかの目的がありますから、これを無視されてはたまったものではありません。
  • ましてや、それが、より強者からの圧力であればなおさらです。
  • 親が子へ、先生が生徒へ、上司が部下へ、師範が弟子へ、強者が弱者へなど、弱い立場の存在が無視され勝手な強者側の思惑で利用されることが多々あります。
  • まさに、もの言わぬ自然に対しても人間勝手な目的を押し付け、ひたすらに利用した結果、多くの生物を絶滅させ、驚異的な回復力をもつ植物さえも回復できないほどの破壊を繰り返しています。
  • 大きくみれば、人間も自然の一部であり、その調和の一部を形成する必要があります。
  • すべての人間や自然という存在には、固有の目的があり、自分勝手な思惑で目的を押し付けるのではなく、その存在に内包された目的を注意深く、慎重に探りだし、その目的を尊重し、いかすためにこそかかわりあうべきです。
  • 人生の中での修行や稽古を通じて、調和できる心とこの見方を訓練し、人間も自然もいかせる人として完成を目指します。



極真空手における指導者の資格

空手の力や技が優れている事は当然の前提であります。

指導者自身の人格面

  • 暴力事件・薬物など反社会的問題を起こさない。(即時破門)
  • 喫煙をしない。
  • 飲酒による他者への迷惑をかけない。
  • 対話を大切にする。
  • 家族を大切にする。(不倫や家庭内暴力厳禁)
  • 自然を大切にする。
  • 金銭欲、名誉欲、やりがい欲にはしらず高い志を持つ。

道場生の精神的指導面

  • 人生や社会生活で大切なことを、子供でもわかりやすく伝えられる言葉を持つ。
  • 青少年教育のための家族との円滑な連帯がとれる。
  • 心・技・体のすべてをバランスよく根気強く指導できる。
  • 目先の指導ではなく、将来につながる指導ができる。
  • 指導者である以上、自分の強さが問われるのではなく指導力、教育力が問われることをしる。

道場生の身体的指導面

  • 柔軟性やバランス、筋力など年齢や体質にあった指導をする。
  • 空手の基本を大切に根気強く指導できる。
  • 実践空手にふさわしい社会に通じる技を指導できる。
  • 全体としてではなく個々に目を配り稽古を行う。
  • 自ら空手の道に精進し、新しい空手の探求に励む。