極真空手とは

「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する。」ことが極真の精神であり、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」ことが武道のひいては人生の基軸でなければならない。

手塚グループ理念

私たちは大山倍達総裁を創始者として設立された国際空手道連盟・極真会館を社会に正しく理解する組織として活動を継続する。私たちはそのために各自が行動に責任を持つことを認識する。

トピックス

大会&イベントなど

9月3日に第8回MFLオープントーナメント全九州空手道選手権大会を 開催しました。

2017年7月28日(金)に江戸川区小松川さくらホールにて夏期イベントが東京東部本部において開催されました。 参加者は幼稚園年少から大学生まで幅広く参加しました。 空手選手権大会とは別に、道場生全員が参加するイベントとし […]

2017年 宮城県本部-夏季合宿審査会 日時:2017年6月24日 場所:グランディ21

2017年6月18日千葉県本部主催で春季交流大会が開催されました。 場所:浦安市運動公園 総合体育館(武道場) 大会には手塚文子代表、森義道会長代行が参席されました。  

2017年 6月7日 東京江戸川区の地元小学校で第7期(7年目)の空手教室がスタートしました。 2年生から6年生、約50名が毎週水曜日に1年間稽古していきます。 空手を通じて多くのことを学んで成長につなげていただきたいと […]

2017年5月28日 道場生・御父兄と共に手塚会長の教えと業績を偲んで、住吉大社内の武道館に於いて手塚会長 追悼大会を行いました。

2017年04月13日秋田県本部において春季交流大会が開催されました。

2017年 3月26日 広島市安佐南区スポーツセンター柔剣道場にて 「出場選手50名で型と組手の試合を実施しました。毎回ごとにレベルが上がっています。」  

極真空手 手塚グループ理念と活動  [家族・対話・自然]

2017年 アメリカ遠征 日時:2017年8月 場所:アメリカ・ソルトレイクシティ     

2017年 ヨーロッパ遠征 日時:2017年7月20日~23日 場所:ベルギー 手塚文子代表、森義道会長代行がベルギーでの合宿に参加し良き交流と激励がなされました。   

手塚暢会長が主唱した基本的理念は、「家族」「対話」「自然」です。 そのためには、互いに尊敬と感謝、そして忍耐の心を育む姿勢です。 手塚会長の言 「先ず感謝、対話、反省。」 正しい活動の方向性を常に見極め、協力で発展。 空 […]

ロシアにおいて森会長代行を迎えての稽古及び大会が開催されました。 日時:2017年5月 場所:ロシア  

森義道会長代行就任披露会が開催されました。 故手塚名誉会長の遺志を継承し、家族・対話・自然をキーワードに グループのよき発展のために尽力していくことを宣言されました。 日時:2017年5月14日 場所:仙台サンプラザ & […]

極真会館としての基本は道場訓です。 道場訓を稽古の前と最後に唱え、自らを律し奮い立たせます。 この原点は、入門当時から欠かさず心に刻んできました。 道場訓は生涯続きます。 どのような段位の立場にあったとしても、冷静に評価 […]

武道による青少年教育

 「体在心知」とは”体の在りよう”を通じて”心の在りようを知る”と言う意味の武道用語です。 心と体は人間の両側面ですから、観察しやすくみえる体を知ることで、洞察しにくいみえない心の本来のあるべき姿(自然体)を具体的に悟る […]

道場では、自らを誇り、他者を尊敬し、互いに丁寧に繋がる行いのことを「礼」と教えています。 「礼」は形やテクニックだけでは成り立ちません。 形だけでは相手が「嘘っぽく」中身がないと感じてしまうからです。 中身のない形式だけ […]

道場における稽古の目標は自身の心(気)と体の自然の在りようを追求・体得することであり、心身一如を実現するところにあります。 今回は本質と基本の両観点から解説します。 通常分けて考える方は少ないと思いますので、「何が違うの […]

 現代の子供たちの教育成長について武道的視点から考えてみたいと思います。 人は子供のみならず、一人一人に生命の輝きがあり天才的な可能性を間違いなく持っています。 教育の基本は、生命の輝きを感じさせ、その天才性を導き出すこ […]