稽古・教育方針

家族愛に満ちた豊かな人間性を培い、確かな空手の技術を身につけ、 自律的に生き、信頼関係を構築できる力を備えた道場生の育成をします。

  • 家族の愛情を大切にし、思いやりにあふれる道場生育成
  • 夢や希望の実現に向かって、絶えず対話を欠かさない道場生育成
  • 節度と規律ある生活を送り、自然を愛する道場生育成
  • 家族との良き連帯をはかり、家庭・道場一体となった教育指導
  • 確かな空手の技術力の育成を目指した昇級指導
  • 護身やいじめ対策など社会生活に生かされる実践空手の指導
  • 道場生が明るく、生き生きと稽古ができることを目指した安全で潤いのある道場環境
  • 地域に根ざし地域社会に貢献できる道場

国際交流を通じて、幅広い価値観や視野を持たせる。

極真空手には多くの海外支部道場があり、特に青少年の国際交流を推進しています。より年少時から、様々な国や民族、価値観に触れることにより、語学の必要性を認識させ、視野の広い大きな認識を持った青少年が育つことを意図しています。

観光とは違い、同じ極真空手を学ぶ者同士の交流は、より深いものになりますし、また語学留学やホームステイとは違い、短期間でより多くの国際交流を持つことができます。

道場生の身体的指導面

空手を含む武道教育でよく誤解されやすいのが、ある一定の限界を超えて厳しい稽古をすることで、おのずと精神力が高まるという考え方です。
厳しい稽古や形式上の礼儀作法を教えても、それだけで精神的な成長は望めません。むしろ中途半端な指導では、身体的に強さのみをめざし大会などで勝つことが目的となってしまい、かえって心を損なう可能性があります。
優勝できたのは精神的に向上できたからという人も見受けますが、それは栄誉などを得るための執念が強くなっただけかもしれません。

よく負けた生徒に対して「この悔しさを忘れるな。次は必ず勝て」と指導している先生を見かけますが、「悔しさ」という感情は、教えなくても一般的には誰もがもっている感情であり、「悔しさ」は基本的に「相手をたたきのめす」「相手をやっつける」など、破壊へ向かいやすい、むしろ幼い心であります。
本来はその「悔しさ」を越えて「素直に相手をたたえる」などの創造的な心を指導すべきでしょう。
もし「悔しさ」を指導するならば、負けた事では無く、例えば「礼節を守れなかった」「冷静さを保てなかった」など自己の未熟に対するものでなければなりません。

指導者自身の生きざまやそれに伴う、より深くわかりやすい言葉が道場生の精神的成長には欠かせません。「この先生のように自分も生きたい。」とあこがれる事もその第一歩です。
また、空手の実践の場が大会とすれば、心は家庭や社会の場で実践してこその成長ですから、その点にも留意した指導をしています。